ブログ

デスクトップを超有効に使うショートカットキー

「パソコンの画面が小さすぎて作業できない!」なんて思ったことはありませんか?

いつもはデュアル画面なのに、出先などでノートパソコンをシングル画面で使うときには結構使いづらいと感じます。

そんな時には仮想デスクトップやウィンドウサイズを、Windowsキーを使って操作するとすごく便利です。

その中でもよく使われる操作をまとめました。

仮想デスクトップを使う

Windows10ではデスクトップを複数作成することができます。

これを仮想デスクトップと言います。

Windowsキー + CTRL + D

仮想デスクトップを新規で作成します。

デスクトップ画面そのものを切り替えながら、作業することができます。

Windowsキー + CTRL + 左右キー

作成した仮想デスクトップを切り替えます。

Windowsキー + CTRL + F4

使わなくなった仮想デスクトップを閉じます。

ウィンドウをいい感じに表示する

デスクトップ画面上で、きれいにウィンドウを制御したいものです。

Windowsキー + 左右キー

アプリやウィンドウをモニタの横半分に表示します。

さらにこの状態で上下キーを押下すると、アプリやウィンドウが画面の1/4サイズで表示されます。

ウィンドウの端っこを掴んで、リサイズする必要はありません。

Windowsキー + M

表示している全てのウィンドウを最小化します。

隠れてしまったデスクトップの壁紙が見えるようになります。

Windowsキー + SHIFT + M

「Windowsキー + M」で最小化する前に開いていたウィンドウを元のサイズに戻します。

起動中のアプリを一覧で表示する

Windowsキー + TAB

起動中のアプリをサムネイルで一覧表示します。

サムネイルを選択するとアプリが開きます。

フォルダを開く

Windowsキー + E

フォルダ(エクスプローラ)を開きます

画面上にアプリが散乱している場合に、簡単にフォルダを開くことができます。

ショートカットは忘れがちですが、こういった機能を覚えておくと、作業効率がぐんと上がります。