ブログ

Webサイトのリダイレクト方法まとめ

ページをリダイレクトしたい場合、様々な方法があります。

JavaScriptで静的ページ内でリダイレクトをかけることや、PHPを使って動的ページにてリダイレクトを行うこともできます。

また、Apacheサーバーの.htaccessファイルによる強制的なリダイレクトもできます。

それぞれの処理は非常にシンプルなコードで実現することができます。

JavaScriptでリダイレクト

JavaScriptでリダイレクトさせたい場合は、<location.href を使います。


<script>
    location.href='https://転送先';
</script>
  

JavaScriptは、リダイレクトをさせたいページのHTMLに埋め込むことができるので、サーバー側をいじることなくリダイレクトを行うことができます。

PHPでリダイレクト

PHPでリダイレクトさせたい場合は、header関数を使います。


 header('Location: https://転送先');
  

Location:と転送先URLの間にはスペースを空けてください。

.htaccessでリダイレクト

.htaccessをリダイレクトをかけたいフォルダに配置します。


RewriteEngine on
RewriteRule ^(.*)$ https://転送先 [L,R=301]
  

[L]は、「ここでURL書き換え処理を中止させ、それ以降は書き換えを行わない」ようにする設定値です。

R=301は「HTTPステータスコード 301 でリダイレクトをしなさい」という指定になります。

Rだけだと302リダイレクトになります。

用途に合わせて、使い分けてみましょう。